【社長になりたい人必見】経営で成功するために大事な分担という要素

どうもりんだ(@masapon030603)です。

これから独立してゆくゆくは自分の会社を持ってみたい!って思っている人や今やっているビジネスでもっと効率よくしたい!って思っている人必見です。

今日は分担についてお話ししたいと思います。正直ビジネスを大きくしようとしたりもっと楽するために今頑張りたいって思っているのなら

仕組み化が非常に有効になってきます。

例えばブログもそうですけど、自分が頑張って頑張って記事を貯めることで勝手に記事がお金を生んでくれる。

でも一人でやればこれにも限界があるんですね。だから今日はあなたのビジネスを大きくすることにおいて必須の要素である分担について話をしようと思います。

ちなみに参考図書はこちらです↓正直、自分の会社を持ちたいっていうのであれば一回は読んでおいたほうが良いです。

ビジネスで食っていきたいならいずれは分担をしなければならない。

もう既にブログだけやYouTubeだけなどパソコン1つで稼ぐことが当たり前の時代がやってきています。これはすごく革新的ですが

やっぱり一人には限界があるのです。一人だとどうしても自営業者的な考え方になってしまうからです。ブロガー界のトップクラスのやぎぺーさんもそう言っています。

一人でなんでもできるタイプに多いですよね。言うならばコツコツやって結果成果を出してしまう。

言うならば自営業者に多いですね。「金持ち父さん貧乏父さん」でいうESBIの中のSに当たる人たちです。

自分がやればやるほど稼ぐことができるタイプ。ただその分やらなければ稼ぐことができない。

そしてこの人たちは人に教えてやるよりも自分がやったほうが早いタイプ。僕はねこの人たちが羨ましいですw僕はそういった一人でやる力は持ち合わせていません。

だからできないことは人に任せるんです。

<<できないことはやらなくていい。全部人に任せちまえ。

経営の分担に大事な3つの要素。

先ほど紹介した本の中には分担にも3つの要素があると書いてありました。

お金を出す人。アイディアを出す人。作業をする人。

です。これを見たときに深く納得できました。

ネットビジネス初心者
一人で全部やったらいいじゃん。

僕も最初はそう思っていました。でもそうじゃないんです。会社を経営するにあたってそれじゃうまくいかないことの方が多いんです。

それらの理由を紹介します。

 

「お金を出す人」兼「アイディアを出す人」の場合

お金とアイディアこの2つの役割を一人で兼ね備えた場合、お金優先かアイディア優先かによって問題の出方は違ってきますが入れずれにしてもビジネスが長く続かないという、残念な結果を招く。

と書いてありましたが、確かにそうでしょう。

リアルビジネスをする上でこの状態はあってはなりません。ただこの場合の解決策としては

    • お金を出す人を銀行にしてもらう(借りる)
    • そもそもネットビジネスのような初期費用がかからないビジネスを選択する

など解決の余地はたくさんあるのであまり悩む必要はないかと思います。

僕はネットビジネスをしていますから初期費用はほぼ0です。これがなんだかんだ素晴らしいことですね。

 

「アイディアを出す人」兼「作業をする人」の場合

アイディアを形にするために。実現するためには、何らかの「作業」をする必要があるわけですが、この2つを同じ人が行うと、アイディアの実現は遠のいてしまいます。

例えばですが、顧客との継続的な接触のために週一回ニュースレターを出し続けるというのもアイディアです。一定の確率で必ず結果が出るからやろうと。

しかし、いざそのレターを自分が書くとなれば、いつまで続くでしょうか。めんどくさくなってそのうち月一回になり、内容も手抜きになり・・と、

サボった結果、結果が出ずにやめてしまう。これがアイディアと作業をする人が同時だった場合の危険性です。

そもそも「アイディアを出す人」は考えることは好きだけれど作業は苦手という人が多いのです。

間違いありません。僕らの代表の南さんもそうですし、僕も最近このような思考なんだなって自分で気づき始めました。

ブログはただ自分の知識や経験をストックしたいから書いているので作業とは別です。

 

「作業をする人」兼「お金を出す人」の場合

自分でお金を出して、かつ作業もする。これは職人タイプの社長や個人事業主に多いケースです。「作業をする人」と「お金を出す人」を兼ねてもやっていけるのは、個人の技術や才能などを売るモデルなのです。ですから当然、スケールの大きなビジネスにはなりません。

この箇所はブロガーやアフィリエイターさんは要注意しないといけません。

僕個人の見解ではブロガーやアフィリエイターでも月収400〜500万円が限界かなと思っています。しかもこれらを達成できるのは上位数%

でも起業して社長になって分担をうまく活用できれば正直この額は難しくないと思っています。(達成してから言えよなw)

だからこそ楽をするために頑張るならやはり社長を目指すのが手っ取り早いです。

 

3つの要素一度は全部経験しておくべき。

この本にもあるのですが一度はこの3つを全て経験するべきだと書いてあります。ちなみに僕もこれはめっちゃ思います。

だって自分がしたことのない作業を人に任せてもきちんとできてるかどうかなんてわかりませんしね。

ネットビジネス初心者
でも全部経験なんてめっちゃ時間かかるんじゃない?

そんなことありません。ブロガーやアフィリエイターがそれです。だからあなたもブログやアフィリエイトに挑戦するべきなんです。

ブロガーやアフィリエイターは0からビジネスを作って構想を練り作業をしてお金をいただきます。全部を経験できる素晴らしいものなんです。

そして人にある程度レベルが上がってきたら記事の執筆を頼んでみたり、デザインを頼んでみたりブログを育てるにも「分担」が発生します。

暇な時間にYouTubeやゲームをしたりどうでもいい飲み会に行くのならブログというゲームをした方がよっぽどましです。

全部を経験していく過程で「あ、自分はこのタイプが合ってるな!」って思う時が必ずきます。

それを発見するためにも3つの要素を経験しておく必要があるのです。(ブロガーとアフィリエイターだったら初期費用はほとんどかからないけどねw)

スポンサードリンク

まとめ

僕は高校三年生の頃からいろんなビジネスに携わりずっと自分のことをコツコツやれる作業が向いている人だと思っていました。

でもいろんな社長やビジネスをしている人と話したり、個人事業主と会ったりブログを書いているうちに「やっぱアイディアを出す方がいいな!」って今は思っています。

ただ、そのためにもまずは自分が全部経験することをすっ飛ばしてはいけません。じゃないと誰にも教えることなんてできませんからね。

っていう知識を全部「失敗のしようがない華僑の起業ノート」から学びました。

話した内容はほんの一章に過ぎないのでぜひ起業したい人やお金持ちになりたい人は読んでおいて損はないと思います。



りんだもゆるーくツイートしてます♪(´ε` )

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です