はあちゅうの半径5メートルの野望の衝撃レビューと感想まとめ!『口コミ』



どうもりんだ(@rinda____rinda)です。

昨日ふらーっと書店を歩いていると僕のフォローの中にいるはあちゅうさんの本である「半径5メートルの野望」を見つけたので何も考えずに直感でレジに持って行きその本を買ってみました。

そして昨日と今日の2日間ではあちゅうさんが書いた半径5メートルの野望を読んだのですが、この人半端ねえ・・。って思ったんで

今回はそのレビューと感想まとめを書きましたのでぜひ参考にしてください。

はあちゅうって誰?

まずは、はあちゅうさんのプロフィールから

神奈川県川崎市出身。慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業。在学中に香港大学へ留学。大学在籍中にブログをはじめて、卒業旅行の際には企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を実現したという。

2009年に電通に入社し、コピーライターとして勤務したのち、2011年にトレンダーズに転職。催眠術師資格を保有している。2011年より同社にてドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」の編集長をしていたが、 2013年12月のサイブリッジ社へのキレナビ事業の売却にて

その後動画プロモーションサービス「Tubers Channel」担当ならびに「ウーメディアチャンネル」パートナー・マネージャーを務めた。2014年9月に退職後はフリーとして、執筆活動や講演活動を行っている。

※wiki参照

といった感じです。まだブログで稼ぐっていう時代じゃなかった時代からブログを書いていたり・・。(これはたまたまだったみたいだけどそれもすごい)

大学生ながらスポンサーを募って世界一周旅行に行ったり・・。

現在はソーシャル焼き肉マッチングサービス「肉会」代表/有料オンラインサロン「ちゅうもえサロン」や「ちゅうつねカレッジ」を主宰。

なんやこいつは!てか慶應ってめっちゃ賢いやん!っていう印象ですw

で、とりあえずブロガー界では知らない人がいないはあちゅうさんの本をとりあえず読んでみようと思って買ったのが半径5メートルの野望でした。

この本ははあちゅうさんの歴史を振り返りながら、どうやって成功を掴みかけている現在に至ったかを書いてある本です。

 

半径5メートルの野望のレビューと感想まとめ

ここからは本の内容を基に僕の読んだ感想や思ったことを書いていきます。多少のネタバレがあるのでそこはご考慮ください。

文句や悪口をエネルギーにする

この人多分だけど相当な負けず嫌いだな・・。って思ったのが最初の章で思ったことです。

はあちゅうさんは日本で一番ブスだったのです!

ネットビジネス初心者
日本一のブス?!

この本に書いてありますがその時はまだブログとかは芸能人や有名人だけが使う媒体で、一般人はどちらかというと傍観者であることが多い時代でしたが、

そんな時に一発目のブログから顔出しをして記事書いていたツワモノがはあちゅうさんなんです。

そうすればやはり時代は芸能人だけがブログというイメージもありブスという言葉を1日何百回言われ、コメント欄はブスで埋まったそうです。

地獄じゃないですか?

 

負の出来事をプラスに持っていく力

何度か彼女もこれらの言葉に負けそうになったそうですが、それでもいろいろな考え方をしてきた彼女はこれらの言葉をプラスに変えてきたそうです。

「どんな人にもアンチはつく。」「名前も出さずに文句を言っている人は対象が誰でもいい。」「言われるということは少しずつ有名になってきている」

こういった考え方で負の出来事を力に変えてきています。

ネットビジネス初心者
めっちゃポジティブやん!

一見ポジティブに見えますが、僕的にはそうじゃなくてその出来事をしっかり冷静に考えて出した結論かなというイメージで

ポジティブとはまた別じゃないかなぁという印象です。

だってシンプルにブスとか言われてポジティブに考えられないもん。普通

だからこそ、この負の出来事に対しての考え方を学べたのは非常によかったです。

スポンサードリンク

人の悩みは半径5メートルである

「彼女は人の悩みは半径5メートルです」と言っています。

ネットビジネス初心者
どういうこと?!

簡単に説明すると、今の日本人の若者は「夢がない。」「将来の不安」が悩みだったりします。

ただこれがアフリカの若者になると「ご飯が食べたい。」「服が欲しい。」と言った風に悩みが変わるのです。

これはどっちが良い、どっちが悪いではなくその人の頭の中いっぱいに広がる悩みというのはせいぜい自分の半径5メートルの範囲ということ

確かに今実際に貧困社会や格差社会に対して自分が悩んでいるかといえばNOです。

まずは自分を幸せにする必要がある

だからこそまずは自分を幸せにする必要があります。

コップに水を入れ続けると水があふれます。

ネットビジネス初心者
だから?

幸せとはそういうものでまずは自分を幸せで満たすことで初めて人を幸せにすることができるしその余裕が生まれるのです。

だからまずは半径5メートル、いや自分自身を幸せにしてあげてください。そうすることによって自然と周りを見る力が養われます。

 

ノリを良くすると夢が叶いやすい

これはブロガーだけじゃなくてどの業界、どの職種にも言えることだと思うからこそ紹介しておきます。

「ノリが良い人ほど夢が叶いやすい」ってのは本当です。

「今日ちょっとご飯いくー?」って憧れの人や上司に言われて「いきます!」と即返事ができる人は強いです。

いろんな環境に顔を出せたり、また予想もしていないチャンスが巡ってきます。

プラスになる人だけでいい。

ただこれは自分にとってプラスの関係性やプラスの話の時だけです。

ただの愚痴会やただ何の意味もない飲み会に行っていてもその時ただ楽しい。で終わってしまいます。

そうじゃなくて自分にとってメリットやプラスになる人をきちんと見極めた上でそういった場所や環境に飛び込んでいったらいいのかなと思います。

 

人の常識は人のものでしかない

これは結構刺さりました。週5日働いて週2日休むのは他人が作った常識にすぎない・・。とはあちゅうさんはこの本で言っています。

まちがいないな。と思いました。

大企業に就職して、福利厚生がしっかりしていて、退職までそこで頑張るのが良い!っていうのも他人の常識ですし、それが良いとは限りません。

毎朝満員電車に揺られるのも残業で帰るのが遅くなることも、それらを当たり前として常識として作ったのは他人です。

一方で毎日お昼に起きて1日3時間の仕事でその日の仕事を終える人もいます。彼にとってはそれが常識です。

つまり常識というのは人が作った虚像であり、また自分自身で創り上げていくもだと思っています。

欲に忠実になること

この常識を作るに当たって大事なことは欲に忠実になること。

週3日しか働きたくない!っていう欲があれば、じゃあどうやったら週3日しか働かなくて、自分に収入が入ってくる状態を作るか考える

そしてそれを実行して実現できて継続できたらそれはもうあなたの当たり前でしかありません。

これは難しいことはであるんですけど、僕はそんなことよりも欲を抑えて「これがいい道なんだ。」と自分に言い聞かせて

生活する方がもっときついです。

まずは「こんな生活をしたい!」「こんな風にいきたい!」っていう自分の内にある欲に忠実になって生きるようになれたらいいですね。

 

まとめ

これをはあちゅうにバレたらやばいかな・・。って思うかもしれませんが言っちゃいますw

はあちゅうさんは驚異的な文学スキルやコミュニュケーション能力がある人ではない。と感じました。

ただ驚異的な変態です。本を読むこと文章を書くことが好きすぎる人なんです。変態は才能なのかもしれない・・。ってこの本を読んで思いました。

あなたもまずは自分の好きなことを思い返してみてください。そしてその好きなことで生きていくとはどういうことか?それをこの本で学んでもらえたらなと思います。






りんだもゆるーくツイートしてます♪(´ε` )

スポンサードリンク

シェアボタンをポチってくれると最高!

2 件のコメント

  • 自分がどうしたいのか?
    そこに焦点を合わせて、
    自分で考えて行動できると、
    成果として出てきますよね。
    自分のなりたい像が明確だと、
    目標にもなりますしね^^

    • そうですね!まずは一番に自分が何をしたいのかを考える必要があると僕も思っています!そのために日々自分がしたい「欲」に素直になったり、それ自体を追求してみるのもいいと思うんです!^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください