『ランキング』学生オススメ!女性と家で見る映画ラブストーリーTOP3

どうもりんだです。

学生の時って誰かの家に行ってみんなでホームシアターすることがよくあります。ホラーであったり、ラブストーリーであったり、、。

この時好きな女の子がいたら、映画の内容によっては距離がグーンと縮まる可能性が大きいんです。映画ってそのくらいの力があります。

ネットビジネス初心者
なんでそんなのわかるの?

経験済みだから!!w

僕は高校生や大学1年生の時にあまり外で遊ぶのが好きじゃなくて友達を呼んではホームシアターをして楽しんでいました。

そしたら、なんと呼んだ友人たちが勝手に付き合っていくんですよ・・。もう結構付き合いました。3組くらい??

これ嘘のような話ですけど本当です。だからこれから女性と家で映画を見る機会があるならぜひ僕がオススメする3つの映画を見て欲しいなって思います。

 

なぜホームシアターは距離が縮まるの?

なぜホームシアターで距離が縮まるのか?っていうことをまず根本理解していいけたらなと思います。

いろいろな理由があると思うのですが、大きなポイントとして3つあると思います。

  1. 距離が近い
  2. めちゃくちゃ落ち着ける
  3. 部屋が暗い

ってことです。

ホームシアターでも部屋が暗くなってしかも映画館のように椅子に座って見る必要はなく、最後に2人の距離は必然的に近くなる・・。

そして見ている映画もラブストーリーだし、部屋も暗いし、落ち着けるし、距離が近いしドキドキするのだと思います。

だからこそ映画選びは非常に大事です。変な映画を見て冷めてしまったらせっかくのいいムードも台無しですからね。

では早速紹介していきたいと思います。

『第1位』あと1センチの恋

これはマジで家に常備しておきましょう。学生や若者向けのマジでオススメできる映画です。

幼馴染⇨恋人になる映画で、本当にすれ違いが多くて、Aが好きな時にBは付き合っていて、その付き合っているBが別れた時に、もうAは付き合っちゃった・・。みたいな

おおおおおぃってやきもきしながら見られる映画です。

ネットビジネス初心者
そのやきもきがいいの?

いやいや、最後に待っているハッピーエンドですよ。

この映画は本当に全然うまくいかない、すれ違いの多い2人、それこそあと1センチの距離で恋をし続けた二人が最後の最後に結ばれる最高の映画です。

「家で映画何見るー?」って迷ったら必ず一番にこの映画をオススメします!

あと1センチの恋口コミ

他にもたくさんありましたがとりあえずこのくらいにしておきます。

それくらいオススメできる映画なのでぜひ一度ご覧になってください。

『第2位』アバウトタイム

アバウトタイムのメインテーマは「時間と恋」です。めちゃくちゃ考えさせられる映画になっています。

画像に載っている男性は時間を戻すことができる能力を持っているのですが、それを使って色々な悔しい過去や変えたい過去を変えていきます。

ネットビジネス初心者
じゃあ現実にはないんだね。

そうです。現実にはありません。ただこの映画を終わったあとに感じることは「今を頑張ろう。今好きな人がいたら好きと伝えよう!」って感じます。

過去は変えられなくても未来は変えられる。そして未来を変えるのは今の自分の行動だよ。ってことをしみじみと感じます。

だからこそ好きな人には好きと伝えよう。っていう強いメッセージ性のある映画ですのでぜひご覧ください。

アバウトタイムの口コミ

時間を遡って恋愛や苦難を通して「今を頑張る」ことに決めた主人公は本当にかっこよかったです・・。

『第3位』バタフライエフェクト

バタフライエフェクトもこの画像に写っている男性が過去に戻ってその出来事を変え、未来を変えてしまう物語です。

ネットビジネス初心者
じゃあアバウトタイムと一緒??

簡単に物語の根本だけいえば同じなんですけど、アバウトタイムは幸せな気持ちに。バタフライエフェクトは切ない気持ちになる映画です。

それでも本当に面白い映画です。

愛する人を守るために過去に戻って頑張る主人公なのですが、過去を変えたらその分未来にも大きな影響があり、良いことだけではない。

アバウトタイムとは対照的だったのですが、それでもみんなで家で見たときには大好評でした。

バタフライエフェクトの口コミ

バタフライエフェクトはこちらから↓

スポンサードリンク

まとめ

以上3つが僕が女性と家で見るときにオススメしている映画です!

これらの映画を見てあなたが女性といい雰囲気になることを願っています( ^ω^ )



りんだもゆるーくツイートしてます♪(´ε` )

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です