売上が伸びないのは商品を売る営業をしているから。【営業方法】

どうもりんだ(@masapon030603)です。

とあるセールスマン
タイトル見たけど、どういうこと?商品を売ってるから売上が伸びないってマジでわけわからない。

確かにそう思えるかもしれませんが、これが事実なんです。営業の時に商品を売るセールスマンは売上を伸ばすことができません。

売上を伸ばすことができないっていうことは、あなたの収入が減り周りから見下され生活的にも精神的にも苦しくなることになるかもしれません。

なんか営業マンって数字で少なからず比較されることとか多いじゃないですか?

とあるセールスマン
確かに。それはある。

もちろん比較することはメリットでもデメリットでもあるとは思うんですけど、どうせなら売上伸ばしたいですよね!

とあるセールスマン
間違いない!

ってことで今日は僕が正しい営業の方法を教えていこうと思います。

営業マンの目的ってそもそも何??

まずはここを考えてみてください。あなたが営業をして商品を売る目的とか理由を考えて欲しいのです。

とあるセールスマン
そんなの売上を出してお金が欲しいからに決まってんじゃん!

・・・

・・

だよねーw 99%の売れない営業マンのここに理由があるのです。

もちろんお金は生活に必要ですし、欠かせない道具です。そうお金は道具なんです。だから売る目的になってはいけません。

とあるセールスマン
じゃあ営業マンの目的って何?!

営業マンの目的って何か・・

顧客を商品で救ってあげること。

営業マンっていうのは顧客にとっての救世主なんです。(全然言い過ぎじゃないよ。)顧客っていうのはあなたが売る商品で今ある悩みを解決できるのかもしれないんです。

だからあなたは今悩み苦しんでいる顧客を助けてあげないといけないんです。

例えば、あなたがダイエットのサプリメントを売るってなった時に、相手はもちろん太っていて自分の体を見ては嫌気がさしています。

だからあなたがそのダイエットサプリを売らなければ、その顧客はずっと太ったままで悩み続けることになるのです。

だからこそあなたが売る必要があるんです。それはお金のためではなく悩んでいる顧客を助けるためです。

ガリガリの人がダイエットサプリに興味を持たないように、あなたの商品に興味を持つっていうことは少なからずまだ解決できていない悩みがあるってことです。

とあるセールスマン
なるほどね。確かに悩みがなかったら興味がないもんな。

そういうことです。だからこそあなたはその顧客に売ってあげないといけないんです。いわば使命感的な。

で、そこで何を売るの?っていうことになるのですがここで「商品!」って答えちゃう人はもう一回1からこの記事を読み返した方がいいです。

営業マンは未来を売る。

めちゃくちゃ大事なんでもう一度言います。営業マンは商品じゃなくて未来を売りましょう。

とあるセールスマン
未来?!

そうです。未来です。先ほど話したと思うんですけど、あなたは顧客を今持っている悩みから救ってあげる必要があります。

そして顧客自身も「この悩みを解決したい!」ってめっちゃ思っているんです。だったらその売る商品を手にしたらどんな未来になるのかを想像させたらいいんです。

とあるセールスマン
つまり顧客がこの商品を買ったらどんな姿になれるのかを具体的にイメージさせるってこと?

そうです。その通り!

じゃあさっきの太っている人の例をあげて考えてみましょう。

彼女は太っているから痩せたい。だからあなたが売っているサプリメントが必要なんです。じゃああなたは未来を得ると考えた時にどうやって売りますか?

とあるセールスマン
このサプリメントを飲むと痩せて幸せになれますよ?とか?

惜しいですね。答えをいうと顧客は痩せることが目的じゃないんです。

顧客は商品が欲しいわけじゃない。

つまりどういうことかというと、顧客は「商品を買って自分が想像するめちゃくちゃ嬉しい未来」が欲しいのです。

この場合でいうとこの女性は痩せて男性にモテたいのかもしれません。または自分の好きなおしゃれな服を着たいのかもしれません。

そこは相手と話して見極めなければなりませんが、顧客は商品が欲しいわけじゃなくて未来を欲しいということを必ず覚えるようにしてください。

このサプリメントを使えば、きっとウエストがきゅっと細くなり、今まで冷ややかな目で見てきた男性たちが今度は「ご飯に行こうよ!」って誘ってきます。

でもあなたはそんな低レベルな男性を相手にせずに本当にカッコよくて中身も優しく誠実な男性とご飯に行けるようになるんです。

って言われたら太っている女性も「この商品だったらこんな未来が見ることができるんだ!欲しい!」って思うんです。

とあるセールスマン
なるほどな!確かにこれはそう思うわ。

でも売れない営業マンはこのサプリメントを1日2回飲んで、、、とか味は全然まずくないし、、とか商品の説明ばっかりするんです。

商品の説明なんて本当少しでいいんです。

商品の説明はいらないから避けたい未来を話せ。

このわくわくする未来を話した後は、避けたい未来を話しましょう。商品の説明はこの後です。

つまりこの商品を買わなかったらあなたはずっとこの悩みを持ち続け、もしかしたら悪化する必要もあるんです。と。

人間っていうのは得をしたい気持ちよりも損をしたくない気持ちの方が1,5倍ほど強いんです。

この理論を使うのです。「このままの状態で損するのはいやだ!」ってわくわくさせた後は不安を感じさせるんです。

つまりうまくいく営業の方法はこのわくわくの未来と避けたい未来をしっかり話すことができているということです。

スポンサードリンク

まとめ

大体の営業の流れは基本下のようになります。

  1. 雑談
  2. わくわくする未来
  3. 避けたい未来
  4. 商品説明

この1,2,3が非常に重要になります。1で得たい未来と避けたい未来を判断しなければならないからです。

今日は1の雑談する力、雑談力を身につけるためにはこちらの本がオススメです↓

これさえできえればあなたの営業もきっとうまくいってバンバン売上がでて自分の欲しかった車や時計。彼女にちょっと高めのブランド品をあげることができます。

(↑これはわくわくする未来ですよw)

では、今日はこの辺で。

読んでいただきありがとうございます。



りんだもゆるーくツイートしてます♪(´ε` )

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です