21歳大学3年生が起業1年目で年商1億1000万円行くまでのお話



どうもりんだ(@rinda____rinda)です。現在大学3年生21歳の大学生です。

パワーポイントで資料作りもできなかった僕が2018年の2月に法人を立て起業1年目にして年商1億1000万円をパソコン1つで稼げるようになった全過程をここにまとめていますのでぜひ読んでもらえると嬉しいです。

お金を稼ぐようになって豊かになった人生

まず最初に少しだけ僕がお金を稼いでからの今を話すことにします。1番は心の余裕ができました。経済的自由を掴んだとまではいきませんが

値札を見て買うこと減りましたし、お金がない。っていうことは一度もいうことが無くなりました。

また本当の意味でお金とはツールであるということを理解できてきたのかもしれません。

例えば興味本位でMacbookおじさんになってMacbookをプレゼントができるようになったり

またpolcaやクラウドファンディングを使っていろんな人に支援をするというお金の使い方を知ることができたり

<<polcaを知らない人はコチラをチェック

いま世間の話題になっている「奢られて生きる」プロ奢られヤー(@taichinakaj)のフォロー1の権利を1ヶ月25万円で競り落として見たりw

↓同い年でこんな価値観の人おらんから気になって25万円払っちゃったw

あとはブログを通じてアフィリエイトに出会い、その中で1つ目標としていた

タワーマンションに20歳で住むことができるようになりましたw

やっぱり良いです。タワーマンション。

20歳の大学生がタワーマンションに引っ越した時に興奮して書いた記事がコチラ

 

確かに僕は現在大学3年生で月に8桁、少なくても7桁後半は稼いでいるので同世代の人より稼ぐ力を持っています。

でも最初からこんなスキルを持って生まれたわけじゃないんです。僕もあなたと同じように小学生、中学生と日々を過ごしてきて、、

ただ。お金にコンプレックスがあるという1つの才能があったのかもしれません。

普通のサッカーとゲームをすることが大好きな少年でした。

出身は熊本県です。1997年5月26日。普通に健康に生まれたらしいです。

んで普通に熊本で育ちなんか理由はあんまり覚えてないんですけど5歳からずっとサッカーをしております。(2017年11月に辞めました。15年間も頑張ったw)

小学生の時もサッカーしながら普通に友達と遊んで、普通に勉強をして普通に楽しく生活をしていました。

簡単に言えばお金になんの興味もなかった。

別にデュエルマスターズとムシキングが買ってもらえたらそれでよかった(笑)あ、知らない人すみません。カードゲームの話です。

サッカーが休みの日は友達と集まってひたすらゲーム。スーパーマリオ、マリオカート、スマッシュブラザーズマリオパーティー、ゼルダの伝説。

こうやって今パソコンでポチポチ文字を打つだけでもうゲームがしたくなりましたよ。

実はゲームが好きすぎて会社で役員を巻き込んでスマブラというゲームの大会を行うことにしておりますw

中学生で親元を離れる。

ここでちょっと一人の人間として成長したかなって感じです。

僕はサッカーでプロサッカー選手になるために寮に入ったんです。

そしたらなんと、、厳しい厳しい。

朝は絶対6:30分に一斉におきます。みんなで掃除をしてみんなで洗濯をしてみんなでいただきます。

夜は必ず自習室みたいなところで1時間勉強。門限は8:50分。平日は夜出歩くのは禁止。9:50分になったら携帯を集めて消灯。

まさに地獄。

つまり中学生の時も毎日サッカーサッカーサッカーって感じで日々を過ごしてきました。

でも好きなことってこうやって状況だけ見たら地獄なのにやってる当人は楽しんでるってのがすごいよね。(今は絶対無理やでw90分走るなんて考えらんないw)

ここら辺から僕は好きなことだけやりたいっていう精神が生まれたのかもしれません。中学生のりんだの夢はサッカー選手でした。

ここら辺からお金に対してコンプレックスが生まれる。

ただサッカー選手を追うと同時にここら辺から「お金に対してのコンプレックスが生まれます。」

なぜか。この中学のサッカーの費用が年間100万円を超えていたからです。

そして親が冗談交じりであったり、たまには本気で「100万かかっているからなぁ!」ってよく言っていました。

りんだ
100万も1年でかかってるんか。すげー。

って最初は軽い気持ちで思っていたんですけど、よくよく考えたらサッカーってめっちゃお金かかるんやなって思いました。

ただプロになったらめっちゃ儲かるしいいっか。くらいの気持ちでいたのも事実ですw

転機の時。高校生時代。

僕がネットビジネスっていう言葉を知ったのは17歳の時なんです。「そもそもなんで知ったの?」ってことだと思うんですけど

高校から僕は兵庫に出てきて(某Jリーグのユースチームです。)寮に住みサッカーを頑張ることを決意しました。

僕は200人のセレクションで受かった唯一の人でまぁその時は調子に乗っていましたw

高一の頃は高三の試合にも出ていたし、国体にも選ばれて全国で5位のところまでいきました。

「絶対サッカー選手になれるわぁ。」って心の底から思っていました。ガチで。

りんだ
はい。皆さんお待ちかね。地獄のスタートだよーー^^

実力主義の自由なチームで挫折する。

原因は1回の怪我でした。それを機に僕はスタメンを外されAチームからBへ落ちてしまいました。

「怪我のせいだ。」そうやって自分の実力不足から目をそらし、現実逃避をしていた時期です。

僕は今までサッカーにおいて大きな挫折をしたことがありませんでした。

大体のプレーはうまくいくしあんまり自分より上手いプレイヤーをみたことがない。そんな感じだったので

このチームに来てびっくりでした。自分より上手い奴しかいない。そしてうまくない選手は放置される・・完璧な実力主義。(まさに社会)

中学の時は下手でも背中を押してくれましたが高校では自分でなんとかするしかなかったんです。

高校にも莫大のお金がかかっていた。

また僕は高校でも私立校でもあり年間100万以上かかっていたのです。

中学から高校まで単純計算600万。これにプラスして仕送りであったり、姉の大学費用もあったので本当にお金がかかっているっていうことを実感しました。軽く1000万は超えていました。

りんだ
今まではプロになってから返したらいいやって思っていたけどここに来てサッカーもダメ。お金もかかっている。このダブルパンチが僕にはしっかり刻まれました。

僕はこの時にサッカー選手という夢を断念しました。と同時に将来の不安が半端なく襲ってきました。高2の夏です。

今になってわかったことですが問題点はサッカー選手になるていうことが目的になっていたことです。サッカー選手になることは1つの手段、目標でしかなかったのに。

<<目的と目標設定の違いを間違えるとすぐにポッキリ折れてしまう。

でも1つだけ確信していたことがありました。「お金があれば幸せになれる」ってことです。

そこからの僕はとりあえずお金を稼ごうと思いました。

高2の秋からお金に固執し始める。

ここで僕は「お金持ちになったら絶対幸せになるはず。」「個人で稼ぐ力を。」って思って勉強し始めたんです。

ただそこからのチャレンジは失敗しかなかったです。

ここで僕は出会ったしまったのです。金持ち父さん貧乏父さんに。

この本と出会ってなかったらまじで今の僕はいません。この本のおかげでビジネスオーナーになることを決意しましたからねw

<<バイブルである金持ち父さん貧乏父さん!読んでないあなたは絶対に読んでね!

ただ本を読んだからって稼げるようになったわけではないです。とりあえず行動はしたのですが

投資⇨未成年だから無理。

FX⇨意味わからん。

不動産⇨論外。

転売⇨メルカリでちょっと頑張ったけど即終了。

ってな感じで「結局何もできんやん!」って思ってたんです。俺ってセンスないなーって絶望していました。

そんな時にある男性と出会う。

そんな時にある男性とTwitterを通して出会ったんです。(行動力だけでなんとか会わせてもらった感じです笑)

ゆくゆくは彼が行っている大学に通って後輩になったんですけどその時はまだそんなこと知るはずがありません。

大阪の梅田で彼と会ったんですけど「大学生だけど月50万は安定的に稼いでるよ。」っていうんです。(今はもっともっと稼いでいます。)

僕:「おい、まじか。教えてください。」

彼:「ネットビジネスだよ。」

僕:「ネットビジネス?なにそれ?初めて聞いた。とりあえず教えてください。」

ってかんじで頼み込みました。

高校3年生が324,000円を払ってネットビジネスの世界へ!!

値段を聞いて僕はびっくりしました。「324,000円」まじかよ。って思いました。

そうです。僕はツイッターでよくある

「ネットビジネスやってまっせ!」ってアカウントの人と会っていたのです。

ちなみにこれ後々わかったんですけど、そんなアカウントの人と絶対あったらダメですよ!僕はたまたまいい人と会えたけど。<<ツイッターでネットビジネスやってますよ!っていう大学生にホイホイついていくとどうなるか?

で、僕は諦めずに32万円をどうやって集めるか考えました。

1日10時間皿洗いを2ヶ月間しました。

そうです。僕はどうすることもできない。その結果、2ヶ月間皿洗いのバイトを10時間。ほぼ毎日しました。

りんだ
本当にあの時は死ぬかと思った。。

僕はこうやってなんとかお金を集めて始めることができたので他の人とは覚悟が違っていました。

ネットビジネスなんて聞いたこともない今までサッカーとゲームしかしてこなかった自分の最後の挑戦でした。

「なんとしてでも稼ぐ。なんとしてでも稼げることを証明する。母を安心させる。」って強く誓いました。

3ヶ月で9,800円しか稼げなかった。

最初に立ち上げたブログはこちらの親サカ,com。(今はサイトは運営していません。)

ここで15年間やってきたサッカーの知識をフル動員させて、サッカー少年の親向けにサポート方法や練習方法をまとめたものを売りました。

もちろん彼の指導をまんましていただけですが、それでも3ヶ月後にその商品が9,800円なんですけど、それが1本しか売れませんでした。

まったくを持って稼げなかった。むしろサポートはゴミだった。

それなのにネットビジネスを広げる立場に

ただネットビジネスの世界ってめっちゃ面白いですよねw僕みたいに1円でも利益を上げることができたら次のステップとしてそれらを広げる立場に勧誘されるんです。

そうです⇨「ネットビジネスやってますよ大学生」の誕生です!

そして僕はTwitterのフォロワーを4000人購入しました。(その時のフォロワーはもう消えているので安心してください^^)

そして勧誘勧誘勧誘。

ある時違和感を覚える。

あれ。これって売り続けないと自分苦しくね。しかも取り分少ないし。

てかさ、全然自信持って売れないんだけど。罪悪感あるし。おもんないし。なにこれ。

しかもしかもなんかこれマルチっぽくね。。初めて作ったブログは勧誘が忙しくて廃ブログになっていましたし。

そしてふと周りを見ると、勧誘するだけしてちゃんと教えない人がいたり、お金を払ったままきちんと作業できずに辞めていった人もいました。

(僕の教えた人はちゃんと稼いでいました。)

りんだ
僕はこれじゃダメだ!って思ってこの集団から抜け出しました。

そこから独学のブログの日々が始まる・・。

抜けてから「やべえ。32万損しただけやん。」って思った僕は死んでも稼ぐことを決意しました。

この時18歳で大学に入ったばっかりでした。親にサッカー部を辞めたい。と決意をしたもののやめる事は出来ず

サッカーをしながら毎日ブログを更新する日々が続きました。どんなにサッカーがきつくても眠くてもテスト勉強があっても

毎日毎日毎日ブログを書き続けました。この下積みが僕の人生では相当大きかったです。

2016年の収入は多分数円でしょう。一年頑張って年収数円。この苦しさがまじで半端なかったです。

「あーあ。今頃月に100万くらいいってるイメージだったのになぁ。」と

ファミマのイートインのスペースでホットコーヒーを飲んでいたことを今も思い出します。

2017年!転機の時!

2016年は惨敗に終わりました。

それでもなぜか僕はブログを書き続けたのです。毎日不安に襲われながらも・・。

そしてついに半年くらいたった6月ブログから収入が上がり始めます。

「きたーーーーーー。」

最初の1000円くらいの報酬の時はガッツポーズをしたのを覚えています。

ここまで1年半年もかかっていますからねw

最初の収入が上がってからは今までくすぶっていた事が嘘のようにスピード感が増して行きました。

2018年。快進撃の年。

2018年は本当に快進撃を続けました。

  • 1月には月収100万円を突破
  • 2月には法人を設立。
  • 4月には月商1000万円突破
  • 9月には法人2社目を設立。
  • 11月には月商2000万円を突破
  • 12月には囲っている役員も20名を突破
  • そして会社も1期目(11ヶ月で)年商1億突破

こうやって振り返ってみるとまーじですごい年でした。2018年。

メインはコンサル業務です。その他にホームページ制作やSNSマーケティングの集客法やセールスライティングのコンサルも行っています。

会社のホームページはコチラ

なんとかしたい!ちゃんとしたネットビジネスを教えたい!

メインのコンサル業務は僕の最初の事業ですが思いとして

「ネットビジネスはめちゃくちゃ価値があるのに一部の人間のせいで悪いイメージがありすぎる。。勿体無い!」

からスタートしています。僕自身ネットビジネスを通じて人生が変わりました。

ネットビジネスはすごく怪しいと言われています。

自分の利益ばかりを追い求める人たちのせいでこの業界は「詐欺が多い。」「怪しい。」と嫌がる人が多いです。

実際に僕もそのような人を見てきましたし、心の狭さ。お金だけを追い求めることの醜さをお金を稼いで知りました。

だから僕はそれを払拭したい。ネットビジネスは正しくやれば本当に大きく稼げる業界です。

情報商材も良いものをうまく使えば自分のスキルアップにつながります。収入アップにつながります。

コンサル生も紹介。

僕自身僕の会社のサービスを使って、会社を辞めた人や副業で月に300万稼いだ人や主婦なのにめちゃくちゃ稼いだ人などたくさんの人を見てきました。

↓はほんの一部です。

お金を稼ぐことは楽ではないけれどやる気と行動力があれば誰でも可能なんです。

人生に選択肢を与える活動の誕生

僕自身コンサル業務をしてたくさんの人に感謝をされたり、それを機に一緒に仕事をしたりなど本当に幸せなことが増えました。

そしてもっともっとこのような人を増やしたい。

人の人生にきっかけを与える人になりたい。

そう思うようになりました。当ブログでは

  • ネットビジネスについて
  • お金について
  • 大学生について
  • 考え方について
  • ブログについて

こうやって情報を発信していく中でまだ6ヶ月ですが僕は、また新たな仲間ができたり知り合いが増えて嬉しく思っています。

少しずつ少しずつですが、影響力がある人間になって「パソコン1つで稼ぐことが当たり前に」をテーマに日々進んでいきたいと思っています。

僕はあなたに1ヶ月で1,000万円を稼がせることはできません。

僕はあなたに1ヶ月で1,000万円を稼がせることはできません。

でもパソコンでエクセルの使い方さえ知らなかった僕がどうやってパソコン1つで30万円稼げるようになったのかをまとめたのがこのブログ『RINDA OFFICIAL BLOG』です。

30万円から月に7桁後半のお話は直接聞いてね(^ ^)

このブログに僕が稼げない状態⇨稼げるようになった過程や苦悩、考えたこと全てまとめています。

だからこれからブログで稼いでみたい!って思う人のアドバイスブックになればいいと思っています。

またブログで学習してもわからない時は僕のLINE@に質問を飛ばしてください。(LINE@はこの記事の最下部にあります。)

現代は個人で稼ぐスキルが必要不可欠な時代

先日、中学の時の友人の話を聞いたのですが彼は卒業と同時に就職し、先日会社に急なリストラを告げられたそうです。。

しかし彼は大した学歴もない。転職や新たに就職することができず、現在はアルバイトを3つ掛け持ちしています。

この話を聞いて「やっぱり個人で稼ぐ力は必要なんだ。」って考えたし、自分のやっていることは間違っていないと確信しました。

将来、僕は就職するかもしれないし、しないかもしれない。

でもブログを通して学んだ経験やノウハウは万が一会社で働かなくても生きていけることを証明してくれています。

働けば収入源が2つになるということです。

ネットビジネスが怪しい時代は終わった。

今はもうネット社会です。あなたも知っているように新たにYouTuberという職業ができました。

これとおなじようにプロブロガーという職業も現在普及してきています。

ネットビジネスやアフィリエイトやブログビジネスや色々聞いたことがあると思いますが、本質はどれも同じで「自分の経験や思いを発信してお金を稼ぐ。」ってことです。

YouTuberはそれを主に動画にして伝える。ブロガーはそれを主に文字にして伝えます。

だからあなたも「ネットビジネスって怪しいよね?」「絶対詐欺だよ!」って決め付けるのではなく、まずはこのブログを通して

ブログで稼ぐこととは何か?自分の経験を発信して稼ぐとは何か?を学んでみてはいかがですか?

最後に。僕の夢。

最後に。僕の世代は悟り世代と言われています。

お金なんてなくて当たり前。安定が最高。可もなく不可も無く。的なワードをよく聞きます。

若者のお金離れなんて特集を見た時はまじでキレそうでしたw若者がお金から離れていってるのでは無く

お金が若者から離れているのだろうと。。

けどそれを当たり前のように悟ってしまう僕の世代に僕はめちゃくちゃ歯がゆいです。

 

だから僕は僕の世代を経営、事業を通して元気付けます。

日本に元気を与えて生産性をあげみんなに稼げる選択肢をあえて行きます。

学生の時からビジネスを知っているだけで僕はここまで来れました。

もちろん知っていることとできることは雲泥の差ですが、知らないと始まりません。

 

僕は勝手にそういう使命を持ち経営者として一流になるように努めます。

 

長い文でしたが読んでいただきありがとうございました!

りんだのSNS一覧👇相談はLINE@にお願いします。






りんだもゆるーくツイートしてます♪(´ε` )

スポンサードリンク

シェアボタンをポチってくれると最高!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください