多動力は現代において絶対必要な力。多動力のレビューと感想まとめ



どうもりんだ(@masapon030603))です。

最近僕のタイムラインに「多動力は絶対に必要!」「多動力って必要なスキル。」っていう多動力と言うワードが流れていたので

気になって調べたら「ホリエモンさんの本」ってことが判明したのでとりあえずKindle本をポチッと購入してその日から読み始めました。

その多動力を2日で読んだのですが、多動力を読んでこの力は今後必ず必要になる力と確信しました・・。

多動力マジで必要。さすがホリエモンさん・・。すごいなと。

もしまだ多動力って何?どんな本?本当に必要なの?って思っている人がいたらこの記事を参考にしてください。

多動力ってなに?

それはいくつもの力を同時にこなす力のことをいう。

しかし多動力がある人は次から次へと興味が移り全くもって落ち着きがない。

なんか中途半端な力やなぁって最初読んだ時は思ったんですけどそうじゃなかったんです。

石の上にも3年はバカ

確かに今までの時代では多動力はマイナスだったんです。

寿司職人になるための技術やそういった専門的な技術は全て一部の人しか知らない寡占状態にありそのような状態を「垂直統合型モデル」と呼びます。

だから寿司職人になるためには、その寡占している人のところに行って修行してじゃないとその技術やノウハウは手に入れられませんでした。

でもネットが普及してからは誰もが同じ情報をネットで手に入れることができる「水平分業型モデル」と言う世界になっているのです。

このおかげで時間をかけて作業をするということは本当にもったいないことと時間の無駄に繋がってしまうという時代になってしまったのです。

ネットを見たらほとんどのことがわかってしまう。とりあえずググれ。ってことです。

3つ以上肩書きを持とう

この水平分業モデルになったことで1つのことで秀でて社会で活躍することが非常に難しくなりました。

でもまだまだ日本人は自分の会社で1つの肩書きしか持たずに働いています。そこでホリエモンさんがオススメするのは

100万人に1人の人材に簡単になるためには100人に1人×100人に1人×100人に1人=100万人に1人の人材になる方法がある

とこの本で言っています。

つまり僕でいえば学生であり、ブロガーであり、アフィリエイターであり、セミナー講師であり、実業家でもあります。(絶賛デザイナーの勉強を頑張っています。)

こんな風にたくさんの肩書きを持つことによってレア感を持つようになりましょう!ということなんです。

80パーセントでいい

ただこの時全てのことを80%でいいんです。

100%やろうってなると、時間もかかってしまうのでレベル80くらいの比較的簡単に進める部分までいけばいいとこの本では進められています。

 

完璧主義者×官僚主義者◯

1つ1つの仕事に全力投球しなければ不誠実だ。と考えているバカが多すぎて驚いている

これは僕もめちゃくちゃ同意できました。

日本人は真面目ゆえに1つ1つ丁寧に丁寧に行動しすぎなんです。

ブログで言えば、1記事を書き終わっても完璧になるまで見直したり修正する。これあんまり意味ないんですよね。

まずは書いて出すを繰り返していくことによって完璧にやるよりも格段にスピードが早く成長できることができるんです。

目の前の仕事をサクサク終わらせ次に行く。そして前の仕事には戻らない。「完了主義者」こそたくさんのプロジェクトを動かすことができる 

見切り発車は成功のもと

準備にかける時間は無駄である。見切り発車でいい。すぐに始めてしまって走りながら考えよう。

これも僕が思う成功者の秘訣だと思います。

この前の僕のコンサルを受けた人がいたんですけど、まずは色々部屋を片付けてから、、パソコンを修理してから、、。

っていう色々な準備があるためなっかなか始めなかった人がいたんですけど案の定始めてもいちいち行動に言い訳をつけてブレーキを踏むんです。

準備が足りないからと足踏みしていたらいつまでたっても満足いくものはできないのだ。やりたいと思ったら、今すぐにでもやろう

本当にこれで、「やりたい!」って感じたらやりましょう。

これができるかできないかだけでも本当にビジネスの世界では結果が大きく変わってきます。

 

まずは1つのことにサルみたいにハマれ。

多動力でいろんなことをやるって言っても同時に2つのことはできません。

だからその1つ1つに集中して取り組む必要があるのです。

昔寝ないでゲームをした経験があると思いますが、クリアしてしまったら飽きてしまってやめたと思うんです。

飽きたということはそれがもう簡単で余裕ができたということ。つまりあなたはスキルとして習得したということです。

飽きっぽい人ほど成長する

この本の中でも

飽きるということは何もネガディブなことではない。飽きるというのは、慣れて、余裕が出ることだ。大事なことは余裕が出たらすぐに捨てることだ。

と言っています。

これが目の前の作業に必死で取り組んで終わったらすぐ次へ。っていう秘訣なんでしょう。

スポンサードリンク

仕事の質は睡眠で決まる。

ただホリエモンさんはこれだけの仕事をしていても睡眠はしっかり8時間とっているそうです。

1人だけ1日30時間くらいあるんかーい。って思うんですけど本質は

きちんと8時間睡眠を取るから、実質30時間分の作業ができるということです。

「よく寝る」は基本。「多動力」を発揮するために、睡眠時間を削るのは本末転倒だ。よく寝てこそ超人的なスケジュールをこなすことができる。

ってことなんです。よく寝ましょう。

まとめ

今日は「多動力」についての本の内容について話しましたがまとめると

  1. 多動力は現代の世界で必要な力
  2. 身につけるためには興味のあることや好きなことにとりあえずチャレンジする
  3. そして3つ以上肩書きを持つだけでレアな人材になれる

ってことです。その他大事なことはブログでも書いてある通りなんですけど一番大事なことは

あなたの目の前にあるワクワクすることに思いっきりチャレンジすることです。

だから今の現状を抜け出したい。何をやったらいいかわからない。会社の人間関係で悩んでいる。将来の夢がない。など

現在に何かしらの不満がある人は一度手にとって読んでみてはいかがでしょうか?

僕も現在、自分もコンサルしつつ、デザインとアフィリの勉強を同時に行っているので作業量は半端ないのですが楽しいからこそ続けられるのだと思います!






りんだもゆるーくツイートしてます♪(´ε` )

スポンサードリンク

シェアボタンをポチってくれると最高!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.