【辞める大変さ】15年間続けたサッカーを今日で辞めました。

どうもりんだ(@masapon030603))です。

タイトルにもある通り15年間続けてきたサッカーを今日辞めました。15年間。長いようで短いようなそして長いような・・。

今この記事は大学の図書館で書いているのですが、この記事を書く15分前に僕はサッカー部の自分が所属するカテゴリーのメンバーの前で

「サッカー部を今日で辞めます。」と伝えてきました。話すまでは緊張したんだけど話終わってみたら何か重いものがすっきりした感じでした。

あ。言ってよかったな。って。

本当サッカーというものを15年間続けてたくさんのことを学びました。そして今回そのサッカーを「辞める。」ってなった時に思ったこと。

これを今日は話したいと思います。

仕事を辞めようか悩んでいる。部活を辞めようか悩んでいる。何か今の環境から飛び出すことを迷っている人にはきっと役に立てると思います。

 

辞めることもすごく勇気のいること。

よく言うじゃないですか?「辞めたかったら辞めたらいい。」「したいことをしたらいい。」「人生1回しかないんだしね。」って。

これ間違ってないし、これが答えではあるんですけど、いざずっと続けてきたものを手放すとなるとめっちゃ怖い。

僕で言えばサッカー。毎日サッカーに明け暮れて部活のメンバーとしょうもない話をして爆笑してっていう生活が急になくなるのです。

週1のオフで喜んでいたはずなのに気がつけばオフが週7になるのです。

友達だって疎遠になるかもしれない。将来どうしよう。そういった不安が頭の中をぐるぐる回るわけです。

僕はこの「辞める」という判断をするにあたってなぜあれだけ好きだったサッカーを辞めたいと思うようになったのか。それを考えてみました。

 

プロサッカー選手になることが目的だった。

ヒキコモリズムさん本当鋭いね。僕はまさにこの目的がサッカー選手になるに設定していたから高校2年生でポキっと折れた。

そして一度もそこから炎が燃えることはなかったんです。そりゃそうですよね。サッカー選手になることだけがモチベーションだったから。

僕にとって15年間で得たものはいくつもあったけれどこの教訓は非常に大きい。

サッカー選手になるために頑張って県選抜のキャプテンになって九州制覇したり、国体に選ばれて全国5位になったりしたけどそこが限界だった。

「エベレストに行くために富士山をクリアしたい!」っていう人と「富士山を登りたい!」っていう人じゃ圧倒的に前者の方が富士山を登る確率が大きいのと同じです。

これはあなたにもきっと当てはまると思います。今その環境で何を目指していますか?

月収100万円?それとも課長に昇進すること?それともバイトリーダーになること?プロ野球選手になること?

違うんです。〇〇になりたいってのは単なる目標で目的を常に意識してください。

この考え方をもっと早く気付いておけば僕はサッカー選手になれないとわかっても何か他の関わり方に価値を見出すことができたでしょう。

 

サッカー部を辞めてどうなったか?

何も変わりません。ただ生活からサッカーが無くなっただけです。もし今あなたが辞めたいことを想像してそれが生活から無くなった時に寂しいな。って思うのなら辞めない方がいいです。

そんな中途半端にするのならあとで後悔するのは自分ですから。

で、話を戻しますと辞めても変わりません。友達関係だって変わらないし、むしろ時間が増えました。やりたいことができるようになりました。

今までのサッカーをいやいやしていた時間が無くなったわけですからそりゃそうです。毎日が楽しく感じます。毎日にやりがいを感じています。

 

ただ、1点だけ大事なことに気が付けました。

まだまだ甘かったってこと。月100万稼いだこととかマジでしょうもない。結局親に守られているただのあまちゃん学生だなって思いました。

それをサッカーを辞めたことで気付きました。20際の早さでこの大変さに気が付けたのはよかったことですけどそれでもめっちゃ悔しいです。

まだまだ依存しているなと。頼っているんじゃなくて依存していた自分に恥ずかしくなりました。

辞めたい・・って本気で思う?

本気で今の生活を変えたいんでしょうか?本気でこれからの未来を変えたいのでしょうか?それを踏まえて辞めるっていうのなら辞めた方がいい。

今の環境でなんとなく過ごしてなんとなく未来を迎えるくらいならそんな「今」は捨てた方がよっぽどましです。

僕は自分で学費を払うことになりました。学費は現在は奨学金。生活費は自分で。正直大学生が年間250万も払えるかって言われたら普通は無理です。

でも僕はこの生きるか死ぬかみたいなリスクがある方を選びました。なんでもやりたいことだけをやるのは不可能です。

やりたいこと好きなことをやるのならその分リスクも必ず付いてきます。でもこのようなリスクなら僕は自分を成長させる道具だと知っています。

 

あなたも辞めたい。って思うのなら辞めて何をするのか。どんな目的があってそれをするのかっていうのをしっかり考えてみてください。

その理由と根拠とあとは行動さえあればなんとかなります。他の要素は辞めてもほとんど変わりませんから。

一番大事なことは辞めた後。今何をするか。

一番大事なことは辞めるっていう行動じゃないんです。辞めた後に何を始めるかなんです。何をするかなんです。

もちろん辛すぎるのであれば辞めた方がいい。そして時間を作って何か新しいことを始めるっていうのでも全然いいと思うけど。

結局辞め方にはいろいろあって円満に辞めることができる人もいればそうじゃない人もいる。けど大事なのはそこじゃなくてこれから何をするか。

辞めるっていうのはただの人生の一分岐点に過ぎない。もちろんそれは大きな分岐点だけどゴールではない。だからこそ「僕はこうしたい!」って思うように進んでいったらいいと僕は思います。

 

いろんな方が今の現状に苦しんだり辛い思いをしていますが、苦しい時は辞めてもいいんです。別にその道が正しいってわけじゃないですから。

あなた自身が人生にどんな目的を持つのか。それに沿って考えるのであればきっと続けるも辞めるも手段の1つでしかありません。

続けることで何かを得るからもうちょい頑張ってみな?って言われることは多いですが、それはその競技や仕事を大好きで一生懸命やっている人に限ります。

めんどくさがって早く終わって欲しいと願いながらやっても何の意味もありません。

 

最後に。

こんな文章は久しぶりに書きましたが、最後に人生は1回しかありません。

人生は選択の繰り返しです。人間は朝起きて夜寝るまでに10000回もの選択をしています。その選択は小さいものから大きいものまでたくさんありますが

あなたのしたいこと。あなたが没頭できること。あなたの好きなことに役に立つ選択をしていって欲しいと思います。

辞めることは大変なことだけどその大変さは一瞬です。大事なのはそのあとに続く長い人生ですからね。

では今日はこの辺で。読んでいただきありがとうございました。



りんだもゆるーくツイートしてます♪(´ε` )

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です